消防署の仕事


Information from the Sukagawa district wide area association
消防署の1日
消防署の1日って?
 消防署のおじさん達は火事や救急などの出動がない時はどんなお仕事をしているのでしょうか?
 ふと、そんな疑問を覚えたことはありませんか?
 そんな疑問にお答えします。

消防署の勤務体制
 消防署は24時間勤務になっています。そのため第1警防隊のおじさん達と第2警防隊のおじさん達が1日ごとに交替し仕事をしています。
 消防署の1日は勤務の交替から始まります。

大交替
 勤務の交替は朝8時30分、車両の点検から始まります。ポンプ車や救急車に異常がないかを点検し、次の警防隊に引き継ぎます。
 これが大交替です。
点検風景 大交替

申し送り
 車両の点検が終わると、これから勤務する警防隊のおじさん達がどの車両に乗るのかを確認したり、
 昨日起こった災害や仕事の内容、今日の日程について打ち合わせをします。
 これを申し送りと呼んでいます。

業務開始
 申し送りが終わると、消防業務のはじまりです。これはとても多くの仕事があります。
 たとえば・・・
  訓練(ポンプ車や資器材の取り扱いや、災害現場を想定した警防訓練や救急訓練など)
  警防調査(管内の消火栓手入れや危険地域などがないかなど)
  事業所への防火査察や消防用設備等(消火器などのことです)の検査
  車両や資器材の点検
  体力練成
・・・などがあります。
はしご車を点検しています。 人形を使っての救急資器材取扱い訓練。

消防用設備等の検査をしています。 体力練成中。汗だくです。

食事
 これらの合間に昼食や夕食を食べます。家からお弁当を持ってきていない人は出前などを頼みます。
 いつ災害出動があるか分からないのでラーメンなど麺類は頼めません。
 いつも出前ではさびしいので、たまに夕飯にカレーや豚汁などを作ります。
 みんなで作る料理は家で食べる料理とはまた違ったおいしさがあります。
調理中。手際が肝心。 食事中。

夜のお仕事
 やっと夜になり「仮眠準備」をしてゆっくりできるかな、と思いきや、机の上には山積みになった書類があります。
 各種の「事務処理」が待っていました。火災の原因調査書類などです。
 また、地図を広げ管内の地水利を覚えたり、火災防御、救急・救助活動などの勉強もしています。
 地水利とは、管内の消火栓や、目標となるもの、ポンプ車や救急車が通れる道、通れない道などを覚えることです。
・・・いつになく真剣な表情です。   眠い目をこすりつつ仕事しています。

仮眠
 事務処理が終わり、待望の仮眠時間になりました。仮眠時間は夜10時から、朝6時までです。
 いつ災害が起こるかわからないので、みんなで仮眠するわけにはいきません。
 必ず受付と通信(119番通報を受ける場所)に2時間ごとに交替して誰かが勤務しています。

朝の清掃から大交替まで
 6時間の仮眠が終わり、朝6時になりました。起床の時間です。
 夜の仕事が長引いたり、夜中に出動があって眠そうな人もいます。事務室や車庫、各車両の清掃をします。
 7時半を過ぎると、次の警防隊のおじさん達が次々と出勤してきます。家に帰れる時間も近づいてきて気も緩みがちです。
 しかし、気の緩みは事故の元、気を引き締めて大交替を待ちます。



 無事に大交替が終わりました。やっと家に帰れます。「非番」です。
 もちろんこれは、火災・救急・救助などの出動がなかった場合です。
 出動があった場合はそれこそ一睡もできない事もあります。
 ・・・消防署の1日は、だいたいこんな感じです。


[ 前に戻る ] [ トップページへ ]